合格体験記

中学1、2、3年生の生徒達へ
「努力は必ず結果となって実を結ぶ!」

<H31年度>

「ネバーギブアップ」

◎井家 嵩仁(芦城中学卒)小松高校合格

僕は、小学校2年の時に入塾し算数を習っていました。喜代実先生からは算数の楽しさを教えて頂きました。温かい環境が僕にとってはとても合っていました。

中3になり、実力テストや模試の結果が悪い時やどんな時も、東出先生は「とにかく復習することが大切」と言って励まして下さいました。そして、最後まであきらめずに一生懸命に指導して下さった東出先生のおかげでこの春、無事念願の小松高校に合格する事ができました。

高校でも東出先生の「努力・コツコツと・ネバーギブアップ」という言葉を決して忘れずに頑張りたいと思います。

これまで本当にありがとうございました。東出先生に出逢えて本当に良かったです。

「入塾して変わったこと」

◎西出 紡(丸内中学卒)小松高校合格

僕は夏休み直前に入塾しました。それまで塾に通うということがなかった僕にとっては不安が多かったですが、少人数で先生が明るく、優しく接してくださったのですぐに慣れることができました。

僕が一番嬉しかったことは、数学が好きになったことです。もともと数学は得意な方でしたが、ただ問題を解くだけという感じでした。

先生は様々な教科の問題の解き方(裏技のようなもの)を教えてくださり、特に数学は何度も教えてくださるので解くスピードや正解率もよくなっていきました。

僕は、模試などであまり良い点数をとったことがなく志望校に行けるか不安でしたが、先生に「信念岩をも通す」という言葉を言われて必死に勉強しました。志望校に合格することができたのはCSゼミナールのおかげだと思っています。ありがとうございました。

「どんなときも前向きで」

◎太田 葵衣(松陽中学卒)小松高校合格

私は8月まで部活をしていたので、9月に入塾しました。

今まで得意だった数学が思うように点数がとれなくなって、合計点数が下がってしまいました。そして、数学をあげないといけないとあせっていた私に、先生は数学はできるときとできないときがあるから、理科と社会を自分でたくさん勉強しなさいと言われました。

それから私は理科は得意だったので苦手だった社会をたくさん勉強しました。また先生は教科書を読むことの大切さも教えてくださりました。すると入試では一番良い点をとれました。

また、数学では学校では教えてもらえない武器を教えてくださり、その武器を使うといつも解けました。

いつでもポジティブで、はげまして、ほめてくれる先生のおかげで強くなることができました。ありがとうございました。

「受験の味方」

◎呉座 千羽(丸内中学卒)明峰高校合格

私は、中三といっても部活をしている間は両立も大変だし勉強の量を増やさなければいけないと思っていました。さらに、分からない時に先生や友達に聞く時間もなく、勉強に行き詰まっていました。ですが、塾で分かりやすい説明をきいたり自分のレベルにあった問題を解いたりすることで、着実に実力をつけていくことができました。

テスト前に補習があるのでテストの点数が下がることは滅多になく、復習をし続けるので頭から抜けることはあまりありませんでした。また、一人一人に合う内容を学ぶのでやる気を長続きさせられました。

問題が解けなくても分かるまで教えてくれる塾の先生と基本を教えてくれる学校の先生の二人の先生を味方につけると、自分の力を最大まで出せいい結果が待っていると思います。

私は、この塾を選んで大正解だと今強く思っています。ありがとうございました。

「今までを振り返って」

◎村上 詩織(丸内中学卒)明峰高校合格

私は3年生の夏からこの塾に通いはじめました。

数学が苦手でテストの点数がなかなかのびなくて諦めていたけど、塾でやっていくうちになんとなくコツをつかめて、少しずつ点数が上がっていきました。苦手な数学だったけど、今まで解けなかった問題が解けたときはとてもうれしかったし、楽しくなりました。一つの問題に対して自分で何度も考えて解き進める力が身についたと思います。

補習授業では、過去問を解いて対策したり重要問題の解説で理解したりと、本番に備えて学習したおかげで、気楽に臨むことができました。

できないと諦めるのではなく、やり方を知って使うことで自分に身につくので、ここに通っていてよかったと思いました。ありがとうございました。

<H30年以前>

「努力」

◎谷口 采(板津中学卒)小松高校合格

私は、部活動が終わった夏休みから塾へ行きました。始めは、勉強のやる気があまり出ず、学校から出された宿題だけをしていました。

しかし、東出先生が勉強することの大切さや勉強へのエール・こつこつと努力することの大切さを教えてくださり、少しずつ勉強のやる気が出てきました。また、数学では熱心に教えてくださったおかげで、テストでは点数が良くなってきました。

テストの結果が良いときは、ほめてくださったので、次のテストも頑張ろうと思えました。私にとって、ほめられることがとても嬉しいことだったので、勉強のやる気へとつながりました。

私はCSゼミナールで、努力することはとても大切なことだと学びました。そのようなことを教えてくださったから、志望校合格に近づけたと思います。ありがとうございました。

「受験を終えて」

◎原田ほの香(丸内中学卒)小松高校合格

私は夏休みにあまり勉強しておらず、受験勉強のスタートに乗り遅れていました。この塾に入ったのも遅く、志望校に受かるのか不安でした。

しかし、この塾で「コツコツと地道に努力することが大切」だと先生から教わり、苦しくてもこの先生の言葉を思い出し地道に努力することができました。また、私は数学的な見方が苦手で数学の点数で伸び悩んでいたとき、過去の入試の傾向やパターンなどを教わり効率よく勉強することができました。

補習では過去の総合模試を解き、グループで直しをすることで周りの人の考え方や見方も学ぶことができました。苦しいときや現実逃避したくなった時、先生の言葉があったからこそ乗り越えることができたと感じています。

東出先生、ありがとうございました。

「あきらめない」

◎多造理子(松陽中学卒)小松高校合格

私はもともと、理科がとても苦手でした。1月の実力テストでも望むような点数をとることはできず、とても点数がたりない状況で小松高校を受験すると決めたことに、かなり不安を感じました。

しかしそんな時、東出先生から「最後まであきらめずに勉強した人が勝つ」ということを聞かされ、それからは今まででは想像できないくらい勉強するようになりました。

その結果、受験では理科が五教科の中で一番良い成績で合格することができました。

ていねいな指導で私を合格へ導いてくださった東出先生、本当に感謝しています。今までありがとうございました。

「目標に向かって」

◎池岡美佳(松東中学卒)小松高校合格

私は中学三年生の春からCSゼミナールに通い始めました。

CSゼミナールに通う前にもいくつかの塾で体験をしましたが、なかなか自分に合った塾が見つからず、すぐに辞めてしまっていました。しかし、CSゼミナールでは他の塾と違い一人一人の個性を大切にし、それぞれに合った勉強法ややる気を引き出す前向きな言葉を掛けてくださり、とても通いやすかったです。

また、テストや模試の結果が伸び悩み志望校を変更しようかと迷っていた時に、東出先生がよく「ガッツで頑張れ!」と励ましてくれたおかげで、第一志望校に向けもう少し頑張ろうという意欲が湧きました。

CSゼミナールでは高校入試に必要な事だけでなく、これからの人生を過ごす上での良い教訓も教えていただきました。本当に手厚く指導してくださった先生には感謝しています。

「努力すること」

◎徳田藍梨(板津中学卒)小松高校合格

受験勉強を通して、東出先生から多くのことを学びました。その一つが、努力を積み重ねることの大切さです。

点数が伸び悩んだ時期もありましたが、自分のペースで地道に勉強を継続すれば成果となって表れるという楽しさを実感できました。また、私は東出先生からかけていただいたさまざまな言葉が今でも強く印象に残っています。

「成功のコツはコツコツと」「ちりも積もれば山となる」「苦あれば楽あり」どれも簡単にできるものではありませんが、頑張りが実った時の達成感は何よりも大きいことに気づくことができました。

CSゼミナールでは受験勉強だけでなく、これからの将来にも通用する大事なことを教えていただきました。熱心なご指導で合格に導いて下さった東出先生、本当にありがとうございました。

「集中力」

◎越田千尋(板津中学卒)小松高校合格

私はCSゼミナールに通うようになってから、集中力があがりました。

塾での勉強時間は2時間でしたが、今自分がやるべきことが明確になっていたので集中して取り組むことができました。

すると学校でできたすきま時間や休み時間という短い時間でも、集中して勉強することができるようになりました。そして、 CSゼミナールに通う前は1時間勉強するのがやっとでしたが、3年の最後になると10時間近く勉強できるようになりました。

集中力と確実な勉強のおかげでめざしていた小松高校に合格することができました。苦手だった数学や理科も好きになりました。短い間でしたが、勉強する楽しさを教えていただきありがとうございました。高校に行っても塾で得ることができた集中力で頑張っていきます。本当にありがとうございました。

「継続と負けない気持ち」

◎橋田遥菜(松陽中学卒)小松高校合格

私は中学1年生の時からCSゼミナールに通っていました。

中学3年生になり小松高校に行きたいという思いが強くなり、苦手教科の理科・社会を追加し、数学と英語とで4教科通いました。

私は小松高校合格には点数が足りていませんでした。点数をあげるには苦手教科の理科と社会を勉強するしかありませんでした。しかし中々苦手教科の点数があがらず、そんな時に先生が教科書をよく読むことなどを教えてくださり、さらに同じ塾でライバルも作ってくださいました。

先生に教えていただいたことをしっかり行い、ライバルに負けないようにと思い勉強をコツコツとしたことで、少しずつ点数を上げることができました。私はCSゼミナールに通い続けて合格することができたので、先生にはとても感謝しています。ありがとうございました。

「ありがとう」

◎八田悠暉(芦城中学卒)小松明峰高校合格

僕がCSゼミナールに入ったのは、中学3年生の夏でした。

それまでは、難しい数学の問題を解くことに苦手意識をもっていたのですが、この塾でたくさんの問題を解いているうちにだんだんと自信がついてくるようになりました。

テストでは、結果がでなかった時もありましたが、前のような難しい問題に苦手意識をもつようなこともなくなりました。勉強を取り組むことへの意欲もわくようになりました。この塾に初めて来たときは、休日は7時間目標できついなぁと思いましたが、塾の自分に合った指導によって結果が出てくると、楽しくなりしだいに机に向かう時間が長くなりました。

このCSゼミナールで学んだことを、高校でもっと結果に結びつけられるよう努力したいと思います。短い間でしたがありがとうございました。

「短期間で成績アップ」

◎東由梨子(板津中学卒)小松高校合格

中学3年の12月の実力テストが、今までに無い程悪く心配になり、12月末よりCSゼミナールに通いはじめました。

数学を個人指導してもらい、短期間ではありましたが、小松高校に受験出来るレベルに成績がアップしました。

受験前には、落ち着いて取り組めば、きっと合格すると言っていただき、あまり緊張せずに受験することができました。

本当に短い期間でしたが、CSゼミナールでの勉強のおかげで無事志望校に合格できました。 東出先生、本当にありがとうございました。

「苦手科目の数学を克服!!」

◎越田耕平(根上中学卒)小松高校合格

僕は数学が苦手で、中学3年生になってからCSゼミナールに通い始めました。CSゼミナールでは、学習ソフトを使った勉強があります。それを使って学校の授業の予習ができるので、3年生の単元をしっかり勉強しながら受験勉強を進めることができました。

苦手な数学も先生の丁寧でわかりやすい説明で、わからなかったところがわかるようになっていきました。受験勉強は、塾での授業と宿題ですることができ、冬休みも特別講習があり、なまけることなく勉強ができました。

最後の総合模試では、苦手だった数学の偏差値が5科目の中で一番よくなっていて、とてもうれしかったです。CSゼミナールに通ったおかげで、苦手科目の数学を克服でき、志望校に合格できました。先生、本当にありがとうございました。

「変化したこと!!」

◎本保菜衣(丸内中学卒)小松高校合格

苦手なものを克服するのは、とても難しいことだと思います。しかし、塾に通い先生に指導していただいたおかげで、苦手だった数学が好きになり得意な教科にまでなりました。

塾での学習は、家庭での学習とは全く違うものでした。家庭ではとりあえず問題を解いてみたり、基礎的なことばかり復習をしたりと、的をはずした勉強をし続けてしまっていました。しかし塾に通いはじめて、的を当てた勉強ができるようになりました。

問題に応じた鉄則を覚え、それを活用して解く、このことが大切なのだと感じました。  このようなことを学べたのは、本当に塾の先生のおかげです。さらに、数学を好きに、得意にして下さった先生には感謝の思いでいっぱいです。

「継続は力なり!!」

◎北村未瑠(根上中学卒)小松高校合格

部活動が終わり、夏休みが始まる前にCSゼミナールに通い始めました。塾に通うのは初めてなので最初は心配していましたが、先生や他の生徒とも一緒に勉強していく間に、和やかになり楽しく通うことができました。

おかげで入試当日も緊張せず平常心で望むことができ、最初は無理だと思った志望校の小松高校に無事合格することができました。ふり返ってみると、塾での継続した反復勉強で基本・応用が身についていったと思いました。

最後になりますが、熱心に指導していただいた東出先生、本当にありがとうございました。

塾長先生からの一言

合格発表の日、合格の報告に来てくれた時の君の笑顔が私の宝物の一つになりました。

「予習と復習の大切さを実感!!」

◎松栄研吾(丸内中学卒)石川高専合格

僕はCSゼミナールに通って、本当に良かったと思いました。理由は、CSゼミナールに通ったことで成績の向上はもちろん、予習と復習の大切さを知ることができたからです。

僕は以前まで、同じところを2度以上勉強することはあまりありませんでした。しかし、CSゼミナールに通い始めてからは、学校と塾で同じ範囲を勉強するので、塾での勉強が学校での勉強の予習や復習になり、内容が非常に理解しやすくなりました。

学校と塾の宿題の両立は大変でしたが、志望校に合格する為と思ってやりきることができました。  改めて僕は、CSゼミナールに通ってよかったです。本当にありがとうございました。

塾長先生からの一言

数学のセンスには光るものがありましたよ!!

「コツコツ努力することが大切!!」

◎前田萌花(根上中学卒)小松高校合格

私は、CSゼミナールで二つの大切なことを学びました。

一つ目は、他人と比べないことです。私は、今までテストが返ってくると、自分が他人よりできていたかなど、よく自分と他人を比べていました。東出先生は、私は私なりにがんばればいいと教えて下さいました。お陰で他人と比べることがなくなり、入試でもプレッシャーに打ち勝つことができました。

二つ目は、努力の大切さです。東出先生は、コツコツ努力することが一番大切だと毎回教えて下さり、私もがんばって勉強しました。

時には不安になる時もありましたが、東出先生は、努力すれば必ず合格できると励まして下さいました。今思えば、これらが合格へのカギだったと思います。これからも努力を重ね、夢を叶えていきたいと思っています。

「努力・ネバーギブアップ!!」

◎大田杏香(国府中学卒)小松高校合格

部活を7月に引退して、気付けば受験まであと半年。それまでの部活中心の生活から勉強モードに切り替え、「小松高校合格」という新たな目標を達成するために、CSゼミナールに入塾しました。

入塾してから、数学ではいろいろな種類の問題が解けるようになり、定期テストでもとったことのない順位をとることができました。受験勉強の中で、模試の結果に悩むこともありましたが、塾長先生は授業と補習で熱心に指導して下さいました。

そのおかげで、私も最後まで諦めることなく、努力を積み重ね小松高校に合格することができました。CSゼミナールで学んだ「努力」と「never give up」の精神を忘れずに、高校でも様々なことに挑戦していきたいと思います。本当にありがとうございました。

「勉強する習慣を身につける!!」

◎松栄由乃(丸内中学卒)石川高専合格

私は、CSゼミナールに入って、志望校合格という大きなものを得ることができました。  勉強が好きな人は、あまり・・・というか、ほとんどいないと思います。私は、勉強が苦手で好きだとは言えませんでした。

そんな中でCSゼミナールに入りました。初めは、集中力もなく慣れませんでしたが、週に二回通うことを積み重ねることで、一人で考え理解し集中力が続くようになりました。そして、何よりも、勉強をする習慣がつきました。

今までは、机に向かうこともいやだった私が、自主的に勉強に取り組むようになり、勉強を楽しいと思えるようになって、合格することができたのは、CSゼミナールにお世話になったお陰だと思っています。本当にありがとうございました。

「苦あれば、楽(合格)あり!!」

◎辻 克麻(丸内中学卒)石川高専合格

僕は、中学三年生になってから、本格的に進路について考え始めました。しかし、親との意見の食い違いでなかなか進路が決まりませんでした。その間勉強にしっかり身が入らず、この時が特に苦しかったです。

塾長先生からの助言もあり、進路が石川高専と決まりました。それは一月と遅かったのですが、その日から入試の日まで勉強を必死にしました。塾でもらった問題集をしたり、石川高専の過去の入試問題をしたりしました。

入試が終わり合格が決まって周りの人から「おめでとう」「よく頑張ったね」と言われた時は嬉しく、勉強をがんばって良かったなあと思いました。実際CSゼミナールに通ってからは、テストの平均順位がかなり上がりました。本当にありがとうございました。

「自分に合った勉強方法を!!」

◎森田優星(根上中学卒)明峰高校合格

中学三年生で最も苦労したことは、やはり受験勉強でした。最初はどのように勉強すればいいのか分からず、特に英語と数学は全くと言っていいほどでした。その為、ずっと手探りで勉強していました。ちょうどその時期にCSゼミナールに入塾しました。

塾に入ってからは、塾長先生に言われたことをやっていくうちに、自分でもこうしようかなあといろいろ試行錯誤し、やっと自分に合った勉強方法が分かってきました。そして、通常授業で出される自主勉や、塾長先生からの詳しい説明で力がついていきました。

また、冬期特別講習や入試直前日曜講習などにより、さらに力がつきました。  入試本番ではさほど緊張せず受験することができました。本当にありがとうございました。

「努力・ネバーギブアップ!!」

◎大和 傑(根上中学卒)小松高校 理数科 合格

僕がCSゼミナールで学ぶようになったのは、3年の11月中頃のかなりギリギリのタイミングでした。  当時の僕は、数学で点数をとることが難しく、小松高校に入れるかどうかという厳しいラインで、自信を失っていました。

でも、東出先生はそんな僕を週1回、マンツーマンで丁寧に指導して下さいました。そのおかげで、数学でもいい点数が取れるようになり、自信をつけることができました。

その頃には、勉強(理科、数学)をするのが楽しくなり、東出先生の「マイペースで」というアドバイスをもとに、勉強をがんばりました。そして、志望校の小松高校理数科に合格することができました。

志望校に合格する秘訣は、1.「マイペースで」2.「日々の努力」3.「少しぐらいの失敗であきらめない」の3ヶ条だと思います。受験だからと力まずに、いつも通り自信を持ってやれば大丈夫です。

「最後まであきらめない!!」

◎松村真広(芦城中学卒)小松高校 理数科 合格

僕は、中学3年の10月まで部活を続けていました。勉強できる時間が限られていたので、学校からの課題をこなすだけで精一杯でした。部活が終わっても、小学4年からの生活リズムを変えることができず、それまでと同じ勉強時間になっている事に気づき、CSゼミナールに入塾しました。

塾では、塾長からの慣用句の問題から始まります。ほとんど答えられなかったけれど、今でも頭の中に残っています。授業では、コンピュータを使い楽しく学習ができ、その後問題集で確認する為、2時間を飽きずに中身の濃い勉強ができました。

又、ポイントを貯めると図書カードがもらえるので、やる気につながりました。  短い期間でしたが、塾長の励ましと家族の心遣いのおかげで、志望校に合格することができました。心から感謝します。ありがとうございました。

「テストは苦手な所をはっきりさせる!!」

◎酒井麻巳子(丸内中学卒)小松高校普通科合格

私はこの一年間、多くのテストを受けました。塾の夏期講習、冬期講習でも様々なテストをしました。 それらのおかげで、失敗から得られるものの大きさを改めて感じさせられました。

良い結果だった時は、とても嬉しかったし自分に自信を持てるようになりました。それに対し、悪い結果の時は、悔しくて落ち込んだりもしました。しかし、そのテストは自分の苦手な所をはっきりさせてくれたし、見直しの大切さを教えてくれました。

私は、塾では他の教科と比べれば得意な数学を学んでいました。最初はこれでいいのかと少し不安でした。しかし、数学も完璧ではなかったので、塾のおかげで数学の得点が安定するようになりました。数学は集中がとても大切なので、CSゼミナールのような環境でできて、とても効率が良かったと思います。

そのおかげで、家では苦手な教科に取り組むことができました。CSゼミナールへ通ってとても良かったです。ありがとうございました。

「効率のよい中身のある勉強!!」

◎奥村実莉(芦城中学卒)小松高校普通科合格

受験で最も苦労するのは、勉強する量が多いことです。私も三年になったばかりの頃は、部活が忙しかったため受験生という自覚があまりありませんでした。

受験が近づくにつれてやらなければいけないことが多すぎて、何をすればいいのか分からなくなってしまいます。そんな時、私はCSゼミナールで頂いたテキストをやったり、先生に教えてもらった問題を解きました。

塾でいただくテキストは、受験頻出問題がたくさん載っているので、無駄のない勉強ができます。さらに、難しい問題は先生がていねいに教えてくれるので、応用問題も解けるようになります。

受験勉強で最も大切なことは、「効率のよい中身のある勉強」だと先生の指導を通して学びました。CSゼミナールで教わった勉強はもちろん、先生のお話やアドバイスは受験での大きな力になりました。東出先生、ありがとうございました。

「苦手数学を克服!!」

◎中田 匠(根上中学卒)小松高校合格

僕は、学校外で野球を習っていました。そこでの練習はとてもハードで、なかなかまとまった学習時間が確保できませんでした。また受験勉強を本格的に始めたのが9月からで、まわりよりもスタートで出遅れたと感じ、CSゼミナールへの入塾を決意しました。

僕は五教科の中でも社会や理科の暗記科目に自信がありました。しかし、数学が苦手でした。だから、CSゼミナールでは、迷わず数学を選択しました。

CSゼミナールの授業は、自分にとってとても合ったものでした。学校の授業の予習・復習から入試対策まで、幅広い内容の授業をうけることで、受験勉強が全く苦になりませんでした。CSゼミナールに通い始めて、数学でも高得点がとれるようになりました。

僕はCSゼミナールに通って本当に良かったと思っています。また、CSゼミナールから学んだ多くの事を高校生活に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

「予習・復習が大切!!」

◎前田祐輝(根上中学卒)小松高校合格

私は高校受験を体験して、予習・復習の大切さがよくわかりました。特に復習が大切となることがよくわかりました。中間テストや期末テストの時によくできたところでも、しっかり復習するかしないかで、その後の学力テストの結果が大きく変わります。

CSゼミナールでは、基礎固めを中心に発展的で重要なポイント等をしっかりおさえていきます。 その為、テスト結果が大きく変わらずに、安定しながら点数を伸ばすことができました。また、夏休みと冬休みに特別講習があり、先生がわかりやすく解説してくれる為、理解をより一層深めることができました。

第一志望校にていねいに導いてくれたCSゼミナールの先生には、とても感謝しています。高校受験をCSゼミナールで乗り越える事ができて、本当によかったです。ありがとうございました。

「自分なりの勉強を工夫!!」

◎荒木美穂(根上中学卒)大聖寺高校合格

受験を通して一番苦労したことは、受験勉強の仕方でした。「この仕方で合っているのかな?」ととても不安でした。でも不安の中でも、自分なりの勉強を工夫しました。受験勉強はとてもつらいし、いやになってしまう事が多いけれど、その分わからなかった事、自分の苦手な部分がわかると嬉しくなります。

とても大事な3年生の範囲をしっかりと復習、予習ができたのはCSゼミナールのおかげだと思います。 学校でやった授業の理解を深められたり、予習をCSゼミナールでやる事により、授業でもうまく問題を解く事ができました。私にとって、CSゼミナールの授業はとても役立ちました。

最後にもう一度、受験勉強をするにおいて、CSゼミナールでの勉強はとても効果的でした。東出先生、長い間本当にありがとうございました。

〜母親からのお礼〜

◎中田千明(松陽中学卒)大聖寺高校合格

無事に大聖寺高校に合格することができ、先生には感謝しても足りないくらいです。

娘は吹奏楽部で北陸大会を目指し、他の中三生がすでに夏休みの受験モードにはいっている頃も、毎日部活動に頑張っていました。やっと北陸大会が終わっても、運動会、修学旅行に勧進帳公演などの学校行事が続き、なかなか勉強モードを切りかえできない娘にどうしてあげたらよいのかわからず、先生に突然電話で相談申し上げました。

先生は急な電話だったにもかかわらず、「次の総合模試や学力テストがめやすになります。それまで待ってみましょう」とやさしくお話して頂き、冬休みに5日間の特別授業を考慮して頂きました。お正月も忘れて勉強に頑張れたことが、今日の喜びにつながっていると思っています。

子供はもちろん、私達親に対してもお気使い頂き、私の心も安定し子供に接する事ができたと思います。東出先生には本当にお世話になり、感謝しています。ありがとうございました。

「こつこつ努力する事が大切!!」

◎越井琢巳(芦城中学卒)金大附属高校(推薦)合格

僕は、CSゼミナールでの学習を通して、さまざまなことを学んだ。それは、テストのための勉強に限られたものではない。勉強をする上で大切なこと、そして、人として大切なことを、この塾で学ぶことができたと思う。

僕の心に深く残っている言葉がある。「努力」という言葉だ。これはおそらく、東出先生が一番好きな言葉だったのだと思う。塾でいつもこの言葉を聞かされたからだ。

毎日5問ずつ問題を解く「毎日ノート」は、日々の努力の積み重ねが必要不可欠である。ゼロはいくつ足してもゼロのままだが、一は足していくほど増えていく。少しずつでも、毎日続けることが大事なんだよと先生がおっしゃっていたのを覚えている。

毎日ノートは僕に、こつこつと継続することの大切さを教えてくれた。  高校になると、今よりもさらに勉強が大変になると思う。辛い時だってあるかもしれない。だけどそんな時は、東出先生の言葉を思い出して、努力していきたいと僕は思う。

「精一杯がんばって目標達成!!」

◎隅田知樹(安宅中学卒)石川高専建築科合格

中学3年の一年をふりかえって、私が一番苦労したのは「勉強をする」ということでした。毎日毎日勉強をしていると、だんだん勉強するのがいやになります。

そこで、私はこれまでやっていた通信講座をやめ、CSゼミナールに通うことにしました。塾だと周りでみんなが勉強をしているので、自分もやる気になれると考えたからです。私の考えは的中し、塾でがんばれたのはもちろん、家での学習にも力を入れることができるようになりました。

そして、塾で1年間がんばった結果、定期テストでは好成績をとり、高校受験では第一志望校の石川高専に合格することができました。「合格」とわかった時はもう体が宙に舞うくらいうれしかったです。

一年という短い間でしたが、得られたものは数知れません。とても明るく活気のある東出先生のおかげで、この一年は最高のものとなりました。ありがとうございました。

「苦手科目克服で志望校合格!!」

◎松村周蔵(根上中学卒)小松高校普通科合格

私はCSゼミナールで学ぶことができて、本当によかったと思います。なぜなら、東出先生は数学や理科で難しい問題があると、丁寧に解説を交えながら教えてくれるからです。

私は塾に入る前までは、英語と数学が苦手でした。しかし、英語は塾で授業の予習、復習をやっていくうちに、だんだんわかるようになり、今では得意科目になるまで成長しました。

また、数学は初めのほうはあまり成績の伸びを実感できませんでした。しかし、夏期・冬期講習、補習授業を受けていくうちに、一つの問題に一方向の見方しかできなかった私が、多方向の見方ができるようになりました。そして、入試本番に自分の持つ全ての力をだしきることができました。

最後にもう一度、私はCSゼミナールで受験に向けて勉強し、志望校合格をつかみとることができて、本当によかったです。

「部活もあった夏休みを乗り越えて合格!!」

◎堀ひかり(松陽中学卒)小松高校普通科合格

中学3年を振り返って、一番大変だったのは夏休みでした。大量の宿題に夏休みの終わりまで続いた部活、両立させるのが難しかったです。また、他の部活はほとんどが終わり、周りの友達は時間に余裕ができていました。友達が勉強をたくさんしているのに自分は大丈夫なんだろうかと不安になりました。

しかし、CSゼミナールに通うことで、それらを乗り越えることが出来ました。学校の授業では理解ができなかったところなども、わかりやすい丁寧な説明のおかげで理解することができました。また、自分のペースで学習を進めることができるので、最後までがんばることができたと思います。

志望校に合格することができて、本当に良かったです。東出先生、長い間ありがとうございました。 高校に行ってからもがんばります。

「精一杯がんばって目標達成!!」

◎高倉健太郎(芦城中学卒)小松高校理数科合格

私は、3年生になった当初、自分が受験生だという自覚があまりありませんでした。その為、勉強にもあまり熱が入らず、3年の最初の頃は成績もそれ程良いとは言えませんでした。

しかし、CSゼミナールに行くとみんな一生懸命に勉強しているので、私にもこのままではいけないという思いが生じてきました。そして、少しずつ勉強量を増やしていき、勉強にやる気をもって取り組む事ができるようになりました。

志望校に合格できた一番の理由は、やる気をもってコツコツがんばる事ができた事だと思っています。精一杯がんばって目標を達成した時の喜びは、今でも忘れる事ができません。

私は、やる気をもって一生懸命物事に取り組めば、一見難しそうな事も実現する事ができるという事を実感しました。東出先生、本当に御世話になり、ありがとうございました。

「コツコツと努力していく事が大事!!」

◎新保 敦(寺井中学卒)小松高校普通科合格

私は、部活が終わった中3の8月にCSゼミナールに入りました。その頃は、毎日の勉強の習慣などまったくなく、成績もよくありませんでした。

しかし、CSゼミナールに入ってからは、勉強をしない日をつくらないようにがんばりました。今では毎日の勉強が楽しく感じられるようになりました。また、夏期講習や冬期講習によって、長時間勉強することに慣れました。そして、毎週2回ある授業はとても集中でき、内容の濃い時間にすることができました。CSゼミナールに入って数ヶ月が経つと、成績が上がっているのが実感できるようになりました。

東出先生は、「コツコツと努力していく事が大事だ」といつもおっしゃっていました。それが勉強の励みになりました。CSゼミナールに入っていなければ、小松高校に合格できなかったと思っています。東出先生、本当にありがとうございました。

「つらい経験を乗りこえて合格!!」

◎吉田奈緒(芦城中学卒)大聖寺高校普通科合格

私は中2の10月頃にCSゼミナールに通い始めました。CSゼミナールに行く前は、部活動で疲れて勉強しない日もありましたが、CSゼミナールに行くようになってからは、部活動で疲れていても自主勉ノートは毎日必ずやるようになりました。そのおかげで成績も少しずつ良くなっていきました。私はそのとき、地道な努力のつみ重ねが大切だということを実感しました。

また、私が精神的につらくなっている時、度々東出先生の言葉に助けられました。私が一番つらかったのは推薦入試で落ちた時です。

仲の良い友達と2人で受験し、私だけが落ちたということもあり、とてもつらい思いをしていました。しかし、東出先生の「つらい経験はした人にしかわからない。つらい経験をした人こそ人のつらさを理解できる。」という言葉に逆に得をしたような気持ちになり、すぐに気持ちを切り換え勉強する事ができました。東出先生、本当にありがとうございました。

「ネバーギブアップ(あきらめない)!!」

◎大和あすか(根上中学卒)大聖寺高校普通科合格

私が所属していた吹奏楽部の部活が完全に終わったのが、3年の11月の文化祭が終わってからでした。その頃には、もう周囲は目の色を変えて受験勉強に取り組んでいました。

私も受験勉強に取りかからなくてはと思うのですが、気ばかり焦って何をどのようにすれば点数に結びつくのかがわからず、12月の統一テストは悪い結果でした。

とにかく点数を上げる為に、東出先生に相談し、毎週2回の授業以外にも個別に週1回補習をして頂くことになりました。冬休みも正月特訓に参加し、日曜日の補習にも参加しました。そして、習ったことを繰り返し復習し、確実に解ける問題を増やしていきました。

私なりにがんばって、私立の受験の頃には点数も上向き、自信と少しの余裕を持って3月の本番を迎える事ができました。今、大聖寺高校に合格できて、とてもうれしく思っています。東出先生、本当にありがとうございました。感謝しています。

「継続は力なり、がんばれ!!」

◎小杉直史(御幸中学卒)小松高校普通科合格

私は、かれこれCSゼミナールに約10年間通ったことになります。もともと勉強が大嫌いだった私でしたが、東出先生は一度も見離さず、真剣に教えてくれました。そのお陰で、少しずつ勉強が好きになっていきました。しかし、中3の前半は、相変わらず勉強量が不足していた為、成績はなかなか上がりませんでした。

塾での勉強は好きだったし、長年続けてきた塾での勉強の成果として、どうしても小松高校に合格したい!そんな時に思い出したのは、塾で東出先生からいつも聞かされていた松下幸之助の言葉でした。それは「継続は力なり」でした。

私は家庭学習もしっかりやろうと心に決め、勉強量を増やしていきました。そして、小松高校に合格! これは、東出先生が最後まであきらめずに私を教えてくれたお陰です。ありがとう、先生!

「短時間集中で、充実学習!!」

◎川田大輔(安宅中学卒)小松高校普通科合格

私は、中学1年の時からCSゼミナールに通っていました。中3の前半までは、受験というものをあまり意識せずにいた為、家庭学習といえば学校や塾の宿題のみをするだけでした。その為、中3の前半は勉強不足から、なかなか成績が伸びませんでした。

そんな私を変えてくれたのがCSゼミナールでした。夏期講習、冬期講習で長時間学習することにも慣れ、がんばろうという意欲も出てきた為、少しずつ成績が上がっていきました。それでも、まだ小松高校に合格する力はついていませんでした。

そこで私は勉強のスタイルをもう一度見直し、とにかく勉強の内容を濃くしようと考えました。短時間集中し、少し休憩をとるというサイクルをしっかりやる事により、充実した学習を行うようにしました。

小松高校に合格できた時は、本当にうれしかったです。私の勉強の土台を作ってくれたCSゼミナールに心から感謝をしています。

「CSゼミナール万歳!!」

◎川端一哉(安宅中学卒)小松高校普通科合格

私は、中3の12月の冬休みというとても遅い時期からCSゼミナールに入りました。まず私がCSゼミナールに通い始めて感じたことは、雰囲気のすばらしさです。私が通っていた日の塾の雰囲気は、とても集中ができ、頭をフル回転することのできるとても良い感じでした。また、学力の面でも成長することができました。本来の実力が出せずにいた国語は、本来の実力が出せるようになり、あまり伸びなかった理科も少しずつ点数を伸ばすことができました。

入試当日は、CSゼミナールの先生の励ましや塾の成果などによって、自分に自信を持って受けることができました。そのかいあって志望校の小松高校に無事に合格することができました。

いつも私を支えてくれた家族やCSゼミナールの東出先生、とても感謝しています。本当にありがとうございました。

「勉強が楽しいと感じる時がくる!!」

◎安田 稜(板津中学卒)石川高専機械科合格

私は、この1年間をふり返って、時のたつのは本当に早いものだと実感しました。

中3になったばかりの頃は、受験生という実感がなく、勉強量は中2の頃とあまり変わりませんでした。当然、成績は少ししか伸びていきませんでした。しかし、そんな私にもCSゼミナールの東出先生は、「君はやればできる。あきらめるな!」と優しく励ましてくれました。自分のためにも、そして東出先生への恩返しの為にも、私はもっとがんばろうと決意しました。それ以降、私の成績は着実に伸びていきました。

12月頃になると勉強が楽しいと感じるようになりました。今まで勉強とは、つらいものだと考えていた私が、新しい一歩を踏み出した瞬間でした。

東出先生にはとても感謝しています。ありがとうございました。私はこれからもがんばります。

「学校の宿題、塾の宿題をやれば合格!」

◎畑中千佳(丸内中学卒)小松高校普通科合格

1、2年生の時より、3年生の時がやはり勉強が大変でした。3年生になると定期テストに加え、学力テストや確認テストもあります。それに整研も毎日あったので、本当に大変でした。塾の宿題もありましたが、学校に塾の宿題を持っていき、少しの休み時間にやったりもしました。

私が合格できたのは、整研、学校の宿題、塾の宿題を全部やったからだと思います。それらをほったらかしにして、自分で買った問題集などをやると、合格から遠ざかるんじゃないかと思います。私は、しっかり学校の宿題をし、次に塾の宿題をして、それから自分の問題集をしたほうが良いと思います。

CSゼミナールで、英語と数学と理科を習って良かったです。苦手科目でしたが、最後には得意科目になりました。小松高校に合格できたのは、CSゼミナールのおかげです。ありがとうございました。

「自分の気持ちを大切に、あきらめなければ合格!」

◎吉田和斗(丸内中学卒)小松高校普通科合格

私はこの一年間、家では受験生という自覚が少なかったと思います。気持ちだけは、合格したいという思いが強かったですが、家ではどうしてものんびりムードがただよっていました。

学校の先生から、小松高校に合格する可能性は少ないと言われて、とてもショックでした。入試直前のテストで、あまり良くなかったので、もう合格はできないかなぁと少し弱気にもなりました。しかし、自分の心の中では小松高校へ行きたい気持ちがとても強く、志望校を変えるという気持ちは全くありませんでした。

学校の先生や親からは、志望校を変えたほうがいいと言われて、とてもいやな気持ちになりました。東出先生だけは、私を応援してくれて本当にうれしかったです。

合格発表の時、自分の番号があって、人生で初めて信じられないうれしい気持ちになりました。これからもあきらめずに、自分の気持ちを大切にしていきたいです。

吉田恵美子(母)より

東出先生へ この度は、可能性が低かったにもかかわらず、最後まで応援して下さり、本当にありがとうございました。これからが今以上に大変だと思いますが、本人が一番行きたかった高校なので、がんばってくれると思います。

又、私達も先生のようにあきらめずに応援してあげたいと思います。

本当にありがとうございました。

「努力、ネバーギブアップで合格!」

◎川越啓司(根上中学卒)小松高校普通科合格

中学3年になった時、今からが本番だと思いました。しかし、成績が伸び悩んだりすることもあり、とても不安になりました。しかし、そんな不安もCSゼミナールの通常授業や特別講習などでの東出先生の熱心な指導により、取り除くことができました。

毎週記入するCSゼミナールの週間実績表に、小松高校のことを書いたりするうちに、とても小松高校に入りたいという気持ちが強くなりました。又、目標を書くことにより現状を理解することもできました。 CSゼミナールの合い言葉「努力、ネバーギブアップ」は、今後も大切にしていきたいと思います。

合格した時は、東出先生の言っていた通り、本当に最高の気持ちになりました。合格発表の日に、またCSゼミナールに行けてとてもうれしかったです。

この度、東出先生から多くの教訓を頂きました。CSゼミナールに入って本当に良かったです。先生、ありがとう!

「早くから受験勉強を始めるべき!」

◎松ヶ浦貴裕(寺井中学卒)小松高校普通科合格

無事に小松高校に合格でき、本当にうれしいです。CSゼミナールに入塾するまで、自分の勉強法はなんの工夫もなくダラダラとしたものでした。CSゼミナールに入塾してからは、勉強のリズム、習慣が身につき効率の良い勉強ができるようになりました。 又、受験生活の最後に不安定だった実力を安定させることができたのは、東出先生に選んで頂いた良問ばかりの問題集を解き続けたからだと思います。

自分自身の体験から言えることは、とにかく早くから受験勉強を始めるべきだということです。夏休みを迎える前に、勉強する習慣をつけておくことが大切だと思います。

新3年生のみなさん、受験生活の最中、つらいことや苦しいことがあると思いますが、あきらめずにがんばってください。